トピックスニュース

トピックスニュース

Topix News
Rep.002 3Dプリンタ(3) 何はともあれ出力してみよう

前回まででとりあえずの出力の準備は完了。

いよいよ、何かを打ち出して見ようということで、Sketucupで適当に作った集水桝を準備。
Sketchupの[ファイル]→[エクスポート]→[3Dモデル出力]を選択し、stl方式に変換。

XYZwareProに読み込ませると、「モデルにエラーがあります。自動的に修復しますか?」と聞いてくる。よくわからないままOK。なんとか読み込めた。オブジェクトの大きさは自動調整に任せて、なんか適当な大きさに縮小されます。なんだかんだと印刷設定を呼び出し、印刷。

データの転送が終わればPCは用なし。プリンタを見守ってると、加熱が始まります。ノズルが220℃くらい、ベッドが90℃くらいになると印刷開始。(それまで10分くらい待ちます。)
あとは一生懸命ヘッドが動き、ワッショイワッショイと樹脂が盛り付けられていきます。

・・・待つこと3時間ほど。できあがったのがこれです。
桝

まあまあいい感じです。糸状に積層するので、地層のような積層痕は仕方ないです。
桝本体
縁を作ってから、中身をフィルするので、天端も縁と内側で樹脂の積層痕が違いますね。
若干のエッジの甘さはありますが、まあまあ満足いくできです。

桝蓋の穴も、実際の縮小率を考えると、案外潰れずに再現されてます。
蓋

蓋しめ
蓋もちゃんと・・・閉まります。ちゃんと閉まらず、出っ張ってるのは厚みを間違えたせいなので、プリンタのせいではありません(泣)


ちなみに、直線的なやつだけでは面白くありませんので、曲線的なものも。
(webで無償公開されていたミロのヴィーナスのデータをこっそり拝借してます。)
venus1
venus2
venus3
venus4

こちらも、まずまずの感じで出力はされていますが、腕の先のあたりが平面で定着せずに糸状のバリになっていました。(写真ではわかりにくいですが)
空間的に上が広くなって広がっている部分には支えを作ってやる必要がありますね。


一応の成功(?)に終わったテストプリント。
次回は、より色々なものを出力して「どう失敗するのか」という観点で、特性を見ていこうと思いますので、お楽しみに。

関連記事

(株)シー・アンド・エヌ ネクスト
主幹事業

イメージアップ・創意工夫
建設業界の魅力発信や職場環境の改善提案をします。
ドローン
機体・写真解析ソフトの販売から技術者の育成までワンストップで支援します。
電子納品業
ご要望に応じた電子納品代行サービスをご提供いたします。
ソフトウエア販売
施工管理からCAD、写真管理、電子納品、土木積算まで職場には欠かせないソフトウエアを取り扱っています。
会社概要
FACEBOOK
プライバシーポリシー
お問合せ
仮設トイレの神様
ドローンの学校